in IBM Lotus Notes/Domino, MarvelClient, panagenda news, Products, カテゴリーなし

Read time: 3 minutes

IBM Notes 日本語版に関する重要なお知らせ:

最近 HCL が日本語を含むすべてのグループ1の言語版をリリースしましたが、残念ながら日本語のインストーラーはサイレントモードで起動しません。起動で使用するどの方法およびパラメーターに関わらず、インストールのダイアログは非表示することができず、期待通りにインストールが完了しません。

何故、サイレントモードでのインストールができないのか?

弊社で確認したところ日本語のインストーラーは異なるアイコンになっています:

インストーラーが自己解凍実行ファイルであり、-s や -a といったコマンドラインのパラメーターを受け付けないことが弊社で判明しました。セットアップファイルを解凍し、解凍された setup.exe にパラメーターを指定できずに実行するだけです。これによって自動展開においてサイレントモードでのインストールができないようになっています。

MarvelClient Upgrade ではそれが可能です!

幸いなことに、弊社は本当に長い間、Notes に関わってきており、弊社の Notes 専門家の知らないことはほとんどありません。実際、panagendaのMarvelClient Upgradeにはすでにこの問題に対する解決策があります。

過去に、IBM Connections Plug-in が実行可能ファイルではなく zip ファイルで配布されたために発生した同様の事象がありました。その際 MarvelClient に新しい機能を追加することでこの問題を解決しています。MarvelClient では必要なパラメータを使用してインストーラを解凍後、setup.exe を起動できるのです

日本語版インストーラーのこの問題は、以前の解決策を再検討し、今回より洗練にする機会を与えてくれました。 これを最大限に生かし、このようなインストーラーでも自動的に判別して正しく実行できるように実行できるよう改良しました。

お客様に必要な唯一のこと

MarvelClient Upgrade をお持ちであれば、このインストーラーを MarvelClient Configuration データベースで索引付けします。(MarvelClient Upgrade をお持ちでなければ、無償版を こちら で入手して開始できます。)

索引付けの間、日本語版インストーラーを自動的に検知します。MarvelClient Upgrade 設定ウィザードで次のような命令を作成します。

1) 日本語のインストーラーを Unzip します:

2) Unzip した後、setup.exe に必要なパラメーターを付けて起動します:

ところで、同様のロジックは ConnectionsAddonInstaller.zip にも適用しています。これは IBM Connections プラグインのインストールで使用しています。

私たちの経験をお客様のために

ほんの些細なことが思わぬ障害にいたることがあります。幸い MarvelClient および panagenda 社は Notes を知り尽くしており、その知見を駆使しお客様のお役に立てることに使い続けています。

もちろん今回のことは MarvelClient Upgrade が持つ強力な機能のうちのひとつに過ぎません。この強力な機能を使えば次回のアップグレード作業を迅速かつ簡単に行えます!Notes 10.0.1 へアップグレードするため MarvelClient Upgrade 無償版を こちら から入手してくだい。


Leave a Comment

Start typing and press Enter to search