MarvelClient Essentials

panagenda MarvelClient Essentials が IBM Notes/Domino 10.0.1 に搭載されるという IBM の発表を共有できることを誇りに思います。

MarvelClient Essentials は Notes 10.0.1 クライアントに直接組み込まれていますが、IBM Notes 9.x クライアントのお客様でも、無料でダウンロードし IBM Notes 9.x クライアントにインストールしてお使いいただけます。IBM Notes 10に簡単に、素早く、しかもコストをかけずにアップグレードできます。

まだ MarvelClient を購入されていないお客様でも、改善されたエンドユーザーエクスペリエンスを提供しつつ、IBM Notes のヘルプデスクへの問い合わせ、ストレージ、アップグレードのコストを削減し、ダウンタイムを短縮している70カ国以上で1,100万人を超えるライセンスユーザーの仲間入りです。

無料の MarvelClient Essentials では以下の機能がすべての人に利用可能になります。

  • IBM Notes ワークスペース、クライアントの設定およびオペレーティングシステムの詳細を継続的に分析し可視化
  • クライアント展開の複雑さと矛盾点を把握
  • Notes 10 アップグレードイメージのファイル展開や、プログラムの実行、Windows レジストリーの管理
  • IT、ヘルプデスク、および管理に必要なすべての詳細、実態、および具体的な数値を提供
  • リソース不足や標準以外のインストールなど、アップグレード中の落とし穴を特定
  • より効率的なアップグレードパスを準備し、リスクやヘルプデスクの問い合わせを軽減

上記はほんの数例です。
右のビデオでは、MarvelClient Essentials の詳細と、それがどのように役立つかを知ることができます。あるいは、こちらのWebセミナーをチェックしてください。MarvelClient がどのように機能するかについては、ナレッジベースに詳細が用意されています。

panagenda は、MarvelClient の他に類のない機能を世界の皆さんと共有できることを非常に嬉しく思います。私たちは、IBM Notes/Domino の製品のひとつであることを光栄に思います。 ノーツクライアント管理ソリューションの分野でも有数のベンダーとして認められていることを、私たちを非常に誇りに思っています。 長年にわたり私たちを支えてくれた皆さんに感謝いたします。

私達はお客様にとって驚きとなるもう一つの大切な発表を用意しています。こういった発表をいち早く知っていただくために私たちのメーリングリストに参加することを忘れないでください!

Essentials と Basic の機能の違い

EssentialsBasic
分析
デスクトップ、ブックマーク
notes.ini とユーザープリファレンス
メールファイルの詳細
IBM Notes のバージョンとインストール情報
OS/HW の概要
ローカルデータベース/レプリカ
Eclipse とプラグインの詳細情報
Eclipse の設定(Sametime 含)
ECL
サーバー<->クライアント待機時間
ID ファイル情報
ロケーション文書、接続文書、アカウント、認証
H/W、S/W のインベントリー情報
メールアーカイブ
Windows アプリケーションの使用状況
設定
notes.ini と MC Config 変数
その他の ini ファイル
ユーザープリファレンス
Windows レジストリー
アップロード/ダウンロード
分析データのアップロード
ロールバック用のバックアップ
ファイルの配布
スマートファイルダウンローダー機能
ユーザー設定のロールバック
実行
プログラムの実行
Notes プロセスの実行
エージェントの実行
ノーツ式の実行
ファイルのコピー、移動、削除
デスクトップの圧縮
管理
ワークスペースページ
デスクトップアイコン
ローカルレプリカ
複製ページ
ブックマークとそのフォルダー
ロケーション文書
接続文書
ECL
ID ファイルの管理
プロフィール文書
ロケーションの切り替え
移行
データベースリンクの一括変更
データベースリンクの一括削除

FAQs

MarvelClient が特別な理由とは?

panagenda MarvelClientを使用すると、すべてのIBM Notesクライアントを完全に制御できます。 これにより、年間を通してコストを最適化した運用が可能になり、クライアントを常に最新の状態に保つことができます。

MarvelClient が最先端のソリューションである理由の1つは、クライアントの初期セットアップ、効率的なローミング、および無限の構成オプションなどです。MarvelClientは、世界最速の IBM Notesクライアント管理ソリューションです。

クライアント管理とは?

Notes クライアント管理は、どの企業でも必要ですが、それぞれ異なる方法で実施されています。デスクトップポリシーを使用して問題すべてを解決しようとしたり、非効率ながらも、エンドユーザーの問い合わせに対処する形でクライアント1台1台に個別で対応するクライアント管理方法など様々です。

panagenda MarvelClient を使用するクライアント管理は、効果的かつシームレスな最適化された管理ができ、ヘルプデスクへの問い合わせを事前に無くすことができます。クライアントが起動する都度、必要なクライアント設定がロードされます。新入社員が使用する最初のクライアント起動の週間から既存社員の新しいデバイスの起動に至るまで、すべてのクライアント起動で制御可能です。MarvelClient はラップトップやデスクトップから仮想クライアント(Citrix, Windows Terminal Server, VDI) や ICAA を問わず、クライアントを完全にパーソナライズしたり最適化できます。

MarvelClient Manage で何が設定でき標準化できますか?

原則、MarvelClient で可能なことは多岐にわたります。代表的なものは以下のとおりです:

デスクットップと Citrix クライアントにはひとつの接続文書を設定、ラップトップにはふたつの接続文書を設定
社員に部署と役割に応じて、自動的に必要な特定のデータベースにアクセスさせる
デスクトップアイコン、ブックマーク、ローカルレプリカ、複製ページ、および複製設定を管理
サイドバーのプラグインを即時ロールアウトしたり削除 – クライアントを繰り返し再起動することなく
IBM Sametime や IBM Connections のようなソーシャルコンポーネントの設定
環境文書を常に公開アドレス帳と常時同期させる – 代理を含む
クライアントの安定性とパフォーマンスを最適化するための定期的なクリーンアップ

MarvelClient でヘルプデスクへ問い合わせを 80% 削減するにはどうすればよいですか?

MarvelClientは、ユーザー側で問題が発生する前に問題を解決するためのさまざまな方法を提供しています。 これは、再起動時に意図しない設定ミスを回避しリセットする自己修復から始まり、統合やサーバーの移行などのサーバー側の変更が自動で引き継がれるまで多岐にわたります。たとえば、クライアントをリアルタイムで監視することでき、必要な権限があったとしてもデータベースを(ローカルまたはサーバー上で)削除するなど、特定のユーザーまたはグループが不要な操作を行うのを防ぐことができます。

総合的なクライアント分析がそれほど重要なのは何故ですか?

IBM Notesクライアント基盤に対する洞察の欠如は、企業にとって大きな問題となります。 MarvelClient は常にお客様のノーツクライアント全体のインベントリーの最新情報を提供します。MarvelClient Analyze は、ノーツクライアントの設定に関する以下の詳細を提供します。

  • パフォーマンス測定とボトルネックの検知
  • 一貫性のない設定と構成
  • IBM Notes client のそれぞれのバージョンとセットアップの詳細情報
  • デスクトップアイコン
  • ブックマーク
  • 複製ページのエントリー
  • ローカルのレプリカとデータベース (ODS やビルドバージョンの情報を含む)
  • notes.ini
  • ID ファイルとセキュリティ設定の詳細
  • Eclipse の設定
  • ロケーション文書や接続文書、アカウントや認証情報
  • ハード/ソフトウェアのインベントリー収集
Essentials に含まれる MarvelClient の機能は何ですか?

MarvelClient Essentials には、分析、管理、およびアップグレードモジュールの以下の機能が含まれます:

  • IBM Notes デスクトップ、ブックマーク、および notes.ini 設定の分析情報
  • notes.ini とレジストリー変更に対する管理アクション
  • ユーザーの設定
  • SmartFileDownloader とファイルのデプロイ
  • プログラム実行のアクション (limited to IBM Notes 以外のタスクは制限あり)
  • 条件といくつかのユーティリティアクション (正規表現、エスケープ文字など)
MarvelClient は Notes クライアントの初期設定にどのように役立ちますか?

MarvelClientは、セットアップを自動化し、エンドユーザーの Notes クライアントのポジションまたは部門固有のパーソナライズを自動化することで、何百時間もの作業時間を節約できます。 SecurityInsider と組み合わせて、Notes グループに基づいてアプリケーションのデプロイメントも可能です。

MarvelClient を使用すると、クライアントを最初からどのように見せるかを簡単かつ確実に定義できます。 設定オプションには、環境および接続文書、相互認証、ECL設定、notes.iniエントリ、デスクトップアイコン、ブックマーク、レプリカおよび複製ページ、Eclipse設定、サイドバー用プラグイン、IBM Samtetime、IBM Connectionsなどがあります。

MarvelClient で Sametime コミュニティを設定できますか?

はい、可能です。足りない Sametime コミュニティを追加したり、既存のコミュニティを修正したり削除できます。また、特定のコミュニティをデフォルトに設定することもできます。加えて、Sametime コミュニティ設定の特定のフィールドやエリアを管理したり変更したりでき、それ以外はユーザーが自由に変更可能です。

MarvelClient で大規模なサーバー統合に使用できますか?

はい、この最速のクライアント管理ソリューションを使えば問題ありません。

私どものお客様のプロジェクトでは MarvelClient なしでは実現しなかったほどです。プロジェクトでは、10万ユーザーと何千というアプリケーションがありました。1000を超える Microsoft Windows サーバーが散在していたものを、2つのデータセンターに 100 に満たない新規 Unix マシーンに集約するというものでした。

最終的に、MarvelClient で250億箇所の変更を2年という短期間で実行しました。

MarvelClient のクラウド準備チェックとは何ですか?

MarvelClient を使用すれば、IBM Notes クライアント環境がクラウドオンボーディングに対応しているかどうかを簡単に評価可能です。 クラウド移行を最適に行うのため、クライアントのランドスケープを提供しつつ、移行が成功する構成の詳細を入手できます。クラウドのオンボーディング中は、MarvelClient は、クラウド移行中の進捗状況の概要と、クライアントを最適に運用するための多数の設定の準備を通して、全体像が把握が把握できるようになっています。

panagenda is trusted by

Start typing and press Enter to search