Teams Analytics

MS Teams で従業員がどう協業するかを最適化できる重要な競争上の要因。

New call-to-action

無料です!

すべての人に MS Teams を合理化

高度な MS Teams 解析と分析による、エンドユーザーエクスペリエンスを向上と、グローバルなアダプション促進。
従業員の生産性をまったく新しいレベルに引き上げます。

弊社は世界中のトップブランドから信頼を受けています

従業員に力を与え、仕事のやり方に革命をもたらします。

チームのエコシステムを具体化する。

Teams Analytics 独自のグラフィカルなデータ表示は、デジタルワークフォースでの人々のつながりとコラボレーションを提示します。

New call-to-action
OfficeExpert

ユーザー間のエンゲージメントを理解。

インタラクティブなドリルダウンチャートを使用して、グローバルな視点から個々のユーザーの行動の細部まで把握できるようなります。特に、グループにないでの協業についてよりよく理解できます。

New call-to-action
OfficeExpert

ビジネスを脅かすサードパーティアプリを検出します。

サードパーティ製アプリがデータセキュリティにどのような影響を与える可能性があるかを特定して理解できます。

生産性を無駄にするようなことを事前に防げます。

New call-to-action
OfficeExpert

プラットフォームの最大限の活用。

OfficeExpert はオンプレミス、クラウド、マルチクラウド、およびハイブリッドプラットフォーム全体の可視性を提供します。

問題に迅速に対応し、アプリケーションをスムーズに実行し続けます。 究極のデジタルワークフォースエクスペリエンスを提供し、ユーザーの要求に応えます。

New call-to-action
OfficeExpert
繋がっている労働力の視覚化
OfficeExpert

チームのエコシステムを具体化する。

Teams Analytics 独自のグラフィカルなデータ表示は、デジタルワークフォースでの人々のつながりとコラボレーションを提示します。

New call-to-action
グローバルエンゲージメントモニター
OfficeExpert

ユーザー間のエンゲージメントを理解。

インタラクティブなドリルダウンチャートを使用して、グローバルな視点から個々のユーザーの行動の細部まで把握できるようなります。特に、グループにないでの協業についてよりよく理解できます。

New call-to-action
データ漏洩検知
OfficeExpert

ビジネスを脅かすサードパーティアプリを検出します。

サードパーティ製アプリがデータセキュリティにどのような影響を与える可能性があるかを特定して理解できます。

生産性を無駄にするようなことを事前に防げます。

New call-to-action
クロスプラットフォームの汎用性
OfficeExpert

プラットフォームの最大限の活用。

OfficeExpert はオンプレミス、クラウド、マルチクラウド、およびハイブリッドプラットフォーム全体の可視性を提供します。

問題に迅速に対応し、アプリケーションをスムーズに実行し続けます。 究極のデジタルワークフォースエクスペリエンスを提供し、ユーザーの要求に応えます。

New call-to-action

パフォーマンスに対する方策

繋がっているワークフォース
ニューラルネットワークにアクセス

Teams の相互の繋がりを確認できます。企業内のコミュニケーションを理解し、社員のエンゲージメントに対してより良い機会を作成します。

  • Teams のメンバーがどのように協業しているかを簡単に視覚化
  • スーパーユーザーを特定し、彼らをスーパーアンバサダーにすることも
  • 組織内で自動的にマッピングされた情報のフローを表示
New call-to-action
OfficeExpert

ツール強化 して
ユーザー強化

ツールの品質とパフォーマンスにより、エンドユーザーエクスペリエンスを向上できます。 アダプション率を高め、デジタルワークプレースへの投資を最大限に活用できます。ツールは使用していなければ何もしません。

  • ワイルドカードを使用した検索機能で、より優れた正確な有用な分析結果が得られます。
  • ロケーション別、部門別、あるいは個別の利用状況ダッシュボードは、必要なアダプションイニシアチブをターゲットにするのに役立ちます
  • Teams の相互の繋がりの分析で隠れた知識の宝の山を明らかにします
New call-to-action
OfficeExpert

組織のニーズ に合った カスタマイズ

必要な場所、必要なときに必要な方法でデータを保管します。これがお客様にとって重要な場合、答えはすぐに手元にあります。

  • SQLを使用して特定の質問に答えます
  • 自然言語クエリーで誰でも簡単にデータにアクセスできます
  • あらゆるニーズに合わせたカスタムレポート
  • 重要なものを自分で定義し、カスタマイズされたアラートで追跡できます
New call-to-action
OfficeExpert

データの安全性 と 健全性
維持

明示的な許可なしにデータが会社を離れないようにします。 共同作業に不必要な制限を加えることなく、ユーザーの採用と利用を増やします。

  • ユーザーのアダプション率と使用率を高く保つ
  • サードパーティアプリの使用状況に関する正確なレポート
  • 外部メンバーのアクティビティを監視する
New call-to-action

実際にご覧になりたいですか?

実際に体験したり個別のデモが予約できます

New call-to-action New call-to-action

事例

Teams の透明性を高める

エンドユーザーがどのように作業しているかを理解することで、作業をより効果的に完了できます。 コラボレーションの改善と運用の効率向上を促進する新しい機能を提供します。

組織内のすべてのユーザーは、Microsoft が提供していない情報やツールにアクセスできる利点がいっぱいです。

データのロックダウン

ゲストユーザーを正確に把握できます。すべてのデータを社内または Azure で保存および処理します。 サードパーティアプリの使用状況を監視します。 データを安全に保管できます。

スマートアラートと通知の作成

実用的な分析によってトリガーされるカスタマイズ可能なアラートとユーザー定義の Teams アクティビティ自動監視とアラート。

ユーザーエンゲージメントを継続的に特定

組織内でチーム、部門、および個人が垂直的かつ水平的に相互作業しているかの方法を視覚化します。パワーユーザーを知り、改善の余地がある箇所を確認できます。

Teams をクリーンに

重複していたり類似する Teams 簡単に検出できます。 データベースをクリーンに保つことはユーザーが必要な情報を迅速かつ確実に見つけることができることを意味します。

運用効率の確保

孤立しているサイトは未使用のサイトを、アダプションあるいは排除の候補として自動的に識別します。 生産性を向上させストレージコストを削減します。欠点はありません。

生産性を有意義に向上

Teams を使えば使うほど、従業員は大きなメリットを享受します。可能な限り最高のエンドユーザーエクスペリエンスを提供して、アダプション率を向上させ、デジタルワークプレースへの投資の可能性を最大限に引き出せます。

Teams 管理をあたなの手に

分かりやすいグラフィック表示で、使用状況とパフォーマンスに関する高度な分析結果を出力します。重要な情報を、既存のインターフェースに統合できます。必要なものを見つけるためにアプリケーション間を行ったり来たりする必要はもうありません。

改善された検索クエリー

Teams 内での検索がかつてないほど容易に。強化された検索機能により、ワイルドカードを使用してパブリックおよびプライベートの Teams を見つけることができます。

機能

OfficeExpert

完全なデータセキュリティ

データの保存と処理が他の組織に渡ることはありません

OfficeExpert

すぐに使用できるアラート

ユーザー定義の Teams アクティビティの自動監視とアラートにより、実用的な分析によってトリガーされるカスタマイズ可能なアラートを利用できます。

OfficeExpert

アクティビティの検知

孤立したサイトや未使用のサイトを簡単に識別し、Teams 排除または統合することでストレージコストを削減できます。

OfficeExpert

繋がっているワークフォースの可視化

組織内でチーム、部門、および個人が垂直的かつ水平的に相互作業しているかの方法を視覚化します。パワーユーザーを知り、改善の余地がある箇所を確認できます。

OfficeExpert

詳細な使用状況レポート

ロケーション、部門、ユーザーごとに Teams のパフォーマンスを確認できます。

OfficeExpert

効率的な MS Teams の管理

1 つのユーザーインターフェイスですべてのデータが確認できるので時間を節約でき、効率アップできます。必要なものを見つけるためにアプリケーション間を行ったり来たりする必要はもうありません。

OfficeExpert

サードパーティアプリの監視

重要なサードパーティアプリを正確に確認することですべてのセキュリティポリシーを確保します。

OfficeExpert

強化された検索機能

ユーザーがワイルドカードを使用して、フルネームやIDが分からなくてもパブリックおよびプライベートの Teams を検索できるようなります。

OfficeExpert

ゲストユーザーの追跡

誰が遊びに来ているかを知ることができます。潜在的に機密情報にアクセスできる外部ユーザーに注意を向けることができます。

…さらに詳しく

Ops
Analytics
Teams
Analytics
Enterprise
バンダル
Microsoft
標準
仮想 VM アプライアンス (データを失うことはありません)    
エンドユーザーエクスペリエンスのシミュレーション    
リアルタイムでのパフォーマンス監視    
メールフローと Azure 同期のシミュレーション    
MS Teams アプリ    
リアルタイムでの警告とエンタープライズ統合   一部
オープン BI インテグレーション   Power BI のみ
セルフサービス BI インテグレーション(Metabase)    
基本の O365 アクティビティデータ    
詳細な MS Teams データの収集と分析    
接続されたワークフォースの分析    
MS Teams アプリに対する潜在的なデータ漏洩分析    
Teams サイトに対するストレージのインパクト分析    
ユーザー、部門、リージョンのアダプションレポート   一部
外部ユーザーのアクティビティ分析   一部
無制限の履歴データ収集   最長28日
履歴データへの完全なアクセス    
New call-to-action New call-to-action New call-to-action

仕様

MS Teams アプリの完全に明確化し理解できます

データの多さだけでなく、より多くのことが実現できる機能で生産性を強化できます。

あらゆるデジタル環境に適合するように設計されており、思いのままにデプロイできます。

お客様が既に使用している BI ソリューションで Teams Analytics をシームレスに統合できます。

人気の
リソース

OfficeExpert

配付資料
製品概要

New call-to-action

ホワイトペーパー
クラウド停止の影響を最小限に抑える方法

New call-to-action
OfficeExpert

Eブック
Office 365 に対する 5 つの鎮痛剤

New call-to-action
OfficeExpert

マニュアル
セットアップガイド

New call-to-action

始めてみませんか?

実際に体験したり個別のデモが予約できます

New call-to-action New call-to-action

Start typing and press Enter to search